こだまほいくえん
園の紹介 生活のリズム 子育て支援情報 会員ページ お問い合わせ
見守るほいくとは?
こだわりの保育内容
  多様な保育形態
  環境づくり
  クラス構成
  チームティーチング
  食事と食育
園をより深く知るために
園の様子
トップへ戻る
子育て相談室
こだわりの保育内容
 
クラス構成
イラスト 子ども達の発達を促えると、一年という学年の中にも11ヶ月の年齢差があり、乳児期の発達程大きな差は生じないものの、早生まれ遅生まれ等の差がある。発達段階を重視した3.4.5歳の3年間を枠とした異年齢児グループによるクラス編成である。但し、これは異年齢構成を絶対としたものではなく、活動により、子ども達の動きを促え、観察し、発達がより助長されるには、年齢別保育が異年齢児保育のどちらが的確であるかをその都度考えてすすめる、柔軟な構成としている。
 
0.1.2歳(3歳未満児)の保育
写真
 クラスは0歳と1歳の異年齢別に分けると共に2歳児は年齢クラスとし、0〜1歳児年齢では、個々の発達が月齢により大きな差を生む事から、この時期を一つの区切りとしてその中で発達にあわせたグループ作りをする。また、2歳児では、集団への要求が増す特性を促え、同年齢ではグループ編成とする。尚、それぞれの保育室の環境は共に「遊ぶ」「食べる」「寝る」に分かれ、遊ぶコーナーには子どもの興味や発達に合わせた教材を用意します。このねらいは、自分で遊びたいものを選んで遊び込むことや、遊んだ後の整理整頓も次に使う人のために大切であることを意識させることにあります。保育者が発達を抑え大切にしていることは「0歳児は愛着関係を築く」「2歳児は社会性の芽生え(自我をコントロールする)と身辺自立」です。こうした発達を通して自主性の芽を培い、子ども達の気持ちを一人ひとり受け入れてることで安心と信頼を築き、意欲や自信、自制心を育てる事をモットーに保育を進めています。
 
3.4.5歳児クラス(3歳以上児)の保育
写真
 3.4.5歳児の異年齢集団にて生活し、保育室の環境は「遊ぶ」「食べる」「寝る」に分かれ、特に遊びのコーナーでは多様な教材や絵本、知的玩具などを設け、仲間と楽しめるものやじっくり一人遊びこめるように環境設定を行います。また就学前教育も重視し、その年齢において必要な成長を助長するための環境づくりも行います。
 子どもの発達に大切なものは、様々な人を通しての体験と保育環境、地域の人々とのふれあい、自然などの相互作用からなるものだと考えています。活動や生活を自ら選択することで主体的に自己発達しながら友だちと楽しく過ごせ、異年齢児との生活で成長発達の枠が広がり、一人ひとりの生きる幅が多くなるため、保育者は複数でチームとなり一人ひとりに適切な援助と指導を行っています。
△このページのトップへ戻る
 
 
全国私立保育園連盟あおむし通信   保育環境研究所ギビングツリー   埼玉県私立保育園連盟   子育て父親クラブPapa’s
社会福祉法人 呉竹会 児玉保育園
〒367-0212
埼玉県本庄市児玉町児玉2448-1
TEL:0495-72-0186
FAX:0495-72-8253
 
copyright © 2008 kodama nurseryschool All rights reserved.